新車や中古車を買う時のポイント

 

新古車のメリット・デメリット

中古車と整備員

一度はほかの誰かに購入される予定だったけれど、事情があってその人の手に渡ることなく再度売られることになった新古車。
名義登録がされただけであって、ほとんど新車と変わらない新古車。
では、そんな新古車のメリットとデメリットを説明します。
まず、新古車のメリットとして、前述のとおりほとんど新車同様ということ。
手に渡るはずだった人の手に渡っていないわけですから、新品同様であるということもうなづけますね。
そして、それでいて大幅に値段が安いこと。やはり一度他人の名義が登録されており、手続き上は「新車」と表示することができませんから、一般的な相場よりもかなり安価で購入することができます。
デメリットは、すでにカスタマイズされている状態の自動車なのでオプションやカラー指定をすることはできず、いわば「現品限り」状態であることです。したがって、小さな傷などがあることも。気になるレベルかどうかは個人差がありますので、購入を検討したら実際に見てみるといいでしょう。
また、新車で購入した場合の初回の車検は3年後ですが、新古車は新車ではなく中古車扱いになるため、新品同様であっても車検は2年後となります。
新古車の購入を検討しているなら、このメリットとデメリットをよく天秤にかけてくださいね。

 

愛車の査定額を比較しよう!

中古車購入時はタイヤの溝の確認を!

タイヤ

中古車を購入するとなると、まずは好みのメーカーや車種、カラー、オプションの状況や事故歴、走行距離などから吟味される方が多いと思います。
もちろんそれらも大切なことですが、タイヤの状態を確認するのはついつい忘れがち。ここも必ずチェックするようにしましょう。
自分の命、大切な家族の命を乗せて走る自動車。足回りはとても重要になってきます。
目星を付けた中古車が破格…という場合は、なにか事情があると思って間違いないでしょう。事故車である可能性もありますし、タイヤがほぼ使い物にならないくらい劣化している可能性もあります。
車種やタイヤの大きさにもよりますが、タイヤを購入するとなると、最も一般的なものでも数万円〜10万円弱はかかります。いくら車体価格が安くても、タイヤが悪ければタイヤ交換をするためにプラスこれだけの金額がかかってくるわけですから、結局高くついてしまった…なんてことも。
中古車でほしい車が見つかったら、要タイヤ交換マークが浮き出ていないか、付属されているタイヤであとどれくらい乗れそうかなどを、店頭の方に確認されてみるといいでしょう。

 

http://www.chrisfadala.com/

現代のお勧めは軽自動車!

軽自動車

どうせ乗るならカッコよくて大きな自動車に!と思いますよね。
でも、大きな自動車は購入費用も維持費も自動車税も高くなりがち。
ですから、「ちょっと乗りたい」「初めて自動車を購入するんだけど」という方には、軽自動車をお勧めします。
軽自動車と聞くとあまりかっこいいイメージが浮かばないかもしれませんが、現代の軽自動車はかなりの高性能が揃っています。
まず、一番のメリットとして、普通車に比べて比較的燃費が良く、普通車ほどガソリン代がかからないことです。ガソリン価格が高騰している今、お財布にやさしい車として注目されています。
また、自動車税も安いです。軽自動車の場合は「軽自動車税」が発生するのですが、普通車の自家用車の自動車税が約35,000円〜40,000円なのに対し、軽自動車税は7,200円と大変安価です。
さらに、今の軽自動車は天井も高く、室内も広々として使いやすく、ファミリー向けに作られている車種もとても多くあります。外観やカラーも豊富で、好みの1台を探すのが楽しくなるようなラインアップが各社揃えられています。
大きな自動車もいいですが、軽自動車の方が生活スタイルに密着しやすい自動車といえるでしょう。